本文へスキップ

ネイルサロンに飛び込みでやってくる営業の人は全てお断り!

色々な業者が売り込みを掛けてきます。全て話を聞いていたららちがあきません。

すぐにセールスマンがやってきます。

ネイルサロンでも、どんなお店でもそうなのですが、開業すると色々なセールスマンや営業の人がやってきます。

電話での営業も多いですね。

まだ、メールなら良いのですがお店に営業電話を掛けてこられると凄く迷惑なんです。

こちらの都合なんて考えていませんからね。営業電話してくる人。

最悪なのが、いきなり営業に来るセールスマン。

特にお客さんの施術中なんかに来られたら本当に最悪です。

電話営業の場合の断り方

電話の場合、営業電話だな〜と思ったら、話を聞いてはダメです。

切るタイミングが分からなくなってしまうので。

切るタイミングとしては、営業の人が話している所に被せて、丁寧に今忙しい事を伝えましょう。

決して罵倒したりしてはいけません。怒ってはダメです。

今の時代、ちょっとした事で逆恨みするような人も多いので。

特に営業電話を掛けてくるような人は、会社でも売り上げの事を色々と言われているはずです。

電話を掛けた先でも、嫌な感じに対応されると何を思うか分かりません。

まさに逆恨みされる場合があります。

変な口コミを書かれたり、悪戯電話をされたり。

あくまでも、必要がなく、時間が無い事を、丁寧に相手に伝えましょう。

まあ、それでもどんどん喋ってくる営業の人っているんですけどね。

ハート強いのか、人を話を聞いていないのか・・・

とにかく相手のペースに、ハマらない事です。

ネイリストさんは、良い人が多いので・・・

直接、訪問してくるセールス営業マンの断り方

今の時代、いきなり飛び込み営業をしている会社は減っています。

しかし、ゼロではありません。

色々な、会社がやってきますよ。

  • フリーペーパーに広告を掲載しませんか〜?
  • 新しい商品があるので試してみませんか〜?
  • ウォーターサーバーをおきませんか?
  • ネット広告を出しませんか?
  • SEO対策しませんか?
  • ヤフー広告を出しませんか?
  • Googleに広告を載せませんか?
  • 安い電話回線があります。契約しませんか?
  • 求人広告を載せませんか?

やはり多いのは、広告掲載系ですね。

やはり、広告掲載は儲かりますから。

最初から、決めておいたほうが良いですよ。

広告は載せない!または、ここの媒体としか契約しない!と。

あれも、これも、載せてもあまり効果はありませんから。

自分のネイルサロンがターゲットとしている客層が、みるであろう、媒体に載せなければほとんど広告の意味が無いからです。

ホットペッパー系のお客さんを掴みたいのに、地域紙に載せてもあまり集客効果は期待できません。

写真の撮り方や、宣伝文の書き方、サービスチケットの有無、など全く変わってきます。

逆も言えます。

完全に地域密着型のネイルサロンにしたいのに、ホットペッパーに載せて、地域紙には載せない、のではこれまた意味がありません。

集客が出来ない広告媒体に、掲載料を払うことほど馬鹿らしい事はありませんからね。

そして、ほとんどの広告媒体が年間契約だったりします。

途中で解約出来ません!みたいな感じです。

年間契約しないと、値段が高いですよ〜という感じです。

元々の値段を高く設定しているので、皆、年間契約をしてしまいます。

集客効果が無いのに、毎月、多くの掲載料を払い続けなければいけないのです。

このように、広告掲載に関してはよ〜く考えて下さいね。

下手をするとドブにお金を捨てる様な事になりますので。

結局、営業の人は契約さえ取れれば良いので、本当にお店の事なんて考えていませんよ。

とりあえず、飛び込み営業の人が来たら・・・

とにかく忙しいふりをして、早急にお引き取り願う事です。

話を聞いてはダメです。

これまた、相手のペースにはまりますので。


脱毛器
ネイルサロンプロ用設備

【ネイルサロン開業までにやる事リスト】