本文へスキップ

ネイリスト求人広告

優秀なネイリストを雇う為にはお金が必要です。

ネイリストを雇うなら求人広告を出す必要が

ネイリストを雇う事になりました〜。

さて、どうしましょう。

どうやってネイリストを雇いますか?

知り合いの紹介?

元同僚?

今、本当に優秀なネイリストを雇うのは難しいです。

求人広告を出しても応募してくるのはネイルスクールを卒業したばかりのサロン未経験者ばかり。

特に小さな個人サロンの場合、1からそんな未経験者を育てるだけの余裕はありませんよね。

未経験者でも、ちゃんと給料を払う必要もありますし。

あまりにもブラックな事をしてしまえばすぐに世間に知られてしまいます。

そして、お店の印象が悪くなり、お客さんが来なくなります。

未経験者だからと言って、酷い扱いをしてしまうと後々面倒な事になってしまいます。

個人店のネイルサロンの場合、最初に雇うネイリストはやはり経験者が良いですね。

自分でちゃんと給料分以上の売り上げを上げてくれる人じゃなければ、サロン運営にも支障をきたします。

残念ながら、スクール卒業したてのネイリストでは戦力になりません。

売り上げは上げられないのに、言う事だけは一丁前。

時間外労働だー

ボーナス支給しろー

残業代を払えー

でも、日本の法律は労働者の味方です。

労働基準監督署に行かれてしまっては、面倒な事になってしまいます。

ですので、最初から出来ない人は雇わない。

小さいネイルサロンの鉄則です。

給料分も自分で稼げない人を雇うという事はリスクが大きすぎます。

まずは、ちゃんとネイルサロン経験がある、ネイリストを雇いましょう。

ある程度の経験年数がある人が良いですね。

今、ネイリストの求人広告をだしても簡単には集まりません。

ではどうするか?

ネイリストが一番見ている項目。

それは、給料です。

他のサロンが、20万円で募集を掛けているなら、21万円で募集を掛けましょう。

22万円で他のサロンが募集を掛けているなら23万円で募集を掛けましょう。

正直、ちゃんとしたネイリストに来てもらう為にはそれなりのお金が必要になります。

月間売り上げ50万円のネイリストを給料25万円で雇うか。

月間売り上げ30万円のネイリストを給料20万円で雇うか。

どちらが良いでしょうか?

ネイルサロンプロ用設備

【ネイルサロン開業までにやる事リスト】