ネイルサロン開業資金はいくら必要なのか?

一体、いくら資金があればネイルサロンを開業する事ができるのか?

これは、お店の規模によって全く違ってくると思います。

ですので

今回は私の開業方法を例にお話しさせて頂きます。

ネイルサロン開業資金は?

全部で 500万円 です。
⇒(内訳を見てみる)

私の場合は、ちょっと多めですね。

なぜなら会社を設立して、ネイルサロンを開業したからです。

会社の登記に全部で10万円程掛かりました。

これは、行政書士さんにお願いしたからです。

自分でも会社の登記は出来ると思うのですが、そこはプロに任せる事にしました。

また、ネイルサロンの場合、規模をそれ程大きくする予定が無ければ個人事業主で始めても良いと思います。

個人事業主の場合、特に登記なども必要ありません。

個人事業主でネイルサロンを経営する場合ですと、1年間の利益を税務署に申告して、税金を納めるぐらいでしょうか。

まあ、最初は個人事業主で良いと思いますよ。

私の場合は、少し大きめのネイルサロンを作ったので会社組織にしたほうが良いかな〜と思ったので会社を設立しただけなので。

資金の内訳

500万円といっても全部が自己資金という訳ではありません。

自己資金は、150万円だけです。

350万円は、日本政策金融公庫から借り入れました。

確か、当時は自己資金の3倍までは貸してくれたと思います。

銀行はお金を貸してくれません。

新規創業者が、銀行に行っても

ほとんどの場合、お金を借りる事は出来ません。

ムリですよね〜。

なぜか?

それは、信用が無いからです。

銀行側の立場になってみれば分かると思います。

例>>
友達の友達がお金を貸して〜と頼んできたとします。

まだ、友達なら多少の信用があるので貸せるかも?しれませんが

友達の友達なんて、他人です。
(本当は友達にもお金は貸さないほうが良いのでしょうが。)

そんな人にお金を貸せるか?と言われれば貸せませんよね〜。

極端な例ですが、そんな感じです。

銀行からお金を借りたければ、きちんと売り上げを上げて信用を作っていく必要があるのです。

ですので、ある程度の期間、しっかりとネイルサロンを経営していけば銀行もお金を貸してくれるようになるのです。

例えば、1店舗が上手くいき、2店舗目を出店させたい時にお金が必要になりますよね。

そんな時、銀行がお金を貸してくれるという訳です。

まずは、1店舗目を成功させる必要があるんですね〜。

ネイルサロン開業資金の使い道

ざっくり言うと以下の通りです。

  • 店舗内装費 150万円
  • 物件取得費 120万円
  • ネイル用品&設備 仕入れ 50万円
  • 宣伝広告費 30万円
  • 残りが運転資金 150万円

もちろん、出店するネイルサロンの規模によって全く違ってくると思います。
また、雇用するネイリストの数によっても変わってくると思います。

マンションの一室でサロンを開業する場合ですと、100万円もあれば十分だと思います。

マンションの一室でネイルサロンを始める場合

ネイルサロンは、ガス設備や水道設備が無くても始められます。

ですので、開業資金はかなり低く抑える事が出来るんです。

マンションの一室で始める場合ですが、100万円もあればいけると思います。

こんな感じです。

ここでは、家賃が10万円のマンションと仮定しました。

マンションなので、店舗物件と違い安く借りられると思います。

あと・・・

ネイルサロンを開業しても良いのか不動産屋さんに確認を取る必要がありますがね。

まとめ

ネイルサロンは、出店するお店の規模によって必要な資金が全く違ってきます。

世の中には、色々な商売がありますがネイルサロンは

初期費用が最も掛からない部類に入りますね。


小さいネイルサロンなら、100万円もあれば始める事が出来ますよ〜。


■YAHOOに3000円で広告を出してみませんか?

【AYA】

ネイルが大好きです!

一生、携わっていきたいと思います。

ネイルサロン経営は大変ですが、毎日刺激的で楽しいです。

ネイルサロンプロ用設備

MENU

プロ用品ネイリスト

関連記事