ネイリスト自身が経営者にならないといけない

一言で言うと、儲からないから閉店するんですよね。

そりゃ〜お店が儲かっていれば続けますよね。


ここなんです。

ネイリストがネイルサロンの経営者になると失敗する理由は。

今までは、お客さんに

ネイル技術だけを提供していれば良かったのに

経営者になれば、お金の事、スタッフの事、お客さんの事、全てを考えなければいけなくなるんです。

今まで、ネイリストという技術職しかやってこなかった職人が

いきなり、数字の計算、集客、までしなければいけなくなるんです。

なんの訓練もした事が無いのに・・・

店長経験があったとしても、結局、決済権は経営者にあるので

ある意味、責任はありません。

結局は、自分のお金か?他人のお金か?って事なんですけどね。

経営者は、自分のお金でお店を運営しています。

そこには借金も含まれているでしょう。


従業員は、所詮は他人事です。

働いていて借金を背負わされることなんてありませんよね。

こうなると、考え方が経営者とネイリストとでは180度違ってくるんですね〜。



社長という意識

今まで、ずっと雇われネイリストとして働いていたネイリストが

いきなりサロン経営者になっても分からない事だらけなんです。

失敗して当たり前ですよね。

そりゃ〜。

経営者と従業員とでは、立場が全く違ってきますよね。

雇われていた時には、何の責任もありませんでした。

そして、無責任に社長の悪口を言ったりしていましたよね〜。

私も経験があります。

しかし、いざ自分がネイルサロンの経営者になって色々と気付かされました。

経営者の仕事について。


職人意識では必ず失敗します。

1人でマンションの一室でネイルサロンを開業している人は別です。

でも、従業員を雇ってネイルサロンを経営するとなると、それはもう完全に経営者、社長です。

この意識が無ければ、お店はすぐに潰れてしまいます。

あっという間に閉店してしまいます。

経営者って、本当に辛いですよ〜。

孤独です。

でも、それに打ち勝つ事が出来れば

経済的に成功を収める事が出来ます。



■ネイリスト資格を取得しよう〜!

【AYA】

ネイルが大好きです!

一生、携わっていきたいと思います。

ネイルサロン経営は大変ですが、毎日刺激的で楽しいです。

ネイルサロンプロ用設備

MENU

プロ用品ネイリスト

関連記事