全然お客さんが来ない!



ネイルサロンをOPENして、3か月。

最初の1か月目は、1日に1人〜0人の日が続いた。

2か月目は、1日に1人〜0人の日が続いた。

3か月目。

1日に1人〜0人の日が続いている・・・

さすがに危機感を感じる様になってくる。



家賃を払うのもやっと!と言う感じ。

運転資金もドンドン減っていく!

これこそ、本当にピンチだ。

なぜ、お客さんが来ないのか?

自分でも分からなかった。

さすがに焦ってきたので、ネイルサロンを数店舗経営している先輩サロンオーナーに教えを乞う事に。

無知な自分が怖い・・・

■先輩サロンオーナー
「集客は何をしているの?」

■私
「特に何もしていません。」

■先輩サロンオーナー
「ええええ!

本当!

それじゃあ、お客さんが来るはずないでしょー!」

■私
「そうなんですかー?

サロンってOPENさせれば自然とお客さんがくるんじゃないんですか?」

■先輩サロンオーナー
「ふ〜っ。

今時、そんな事を思っている人っているのね!

ネイルサロンも立派な商売なのよ!

集客もしないで、お客さんが来るわけないでしょ!」

■私
「えええ、ああ、はい。そうなんですね。

以前、働ていたネイルサロンだと、勝手にお客さんが来ていたから・・・

そんなモノなのかな〜と思って。」

■先輩サロンオーナー
「それは!

ネイルサロンのオーナーさんが裏でちゃんと集客活動をしていたの!

広告を出したり、チラシを撒いたり、していたはずだよ。

ネイルサロンのオーナーもそうだけど、美容室のオーナーさんなんかも、一見遊んでいる様に見えるんだよね。

傍から見れば。

人から雇われて働いている時は気付かないんだよねー。

いざ、自分が人を雇う立場になれば、オーナーの仕事の大変さが分かるんだって!

社長やオーナーの仕事は、人を集める事だからね〜。

もちろん、スタッフのケアもしなきゃいけないんだけど。」

■私
「そうだったのかー。

確かに以前勤めていたネイルサロンのオーナーは遊んでいる様にしか見えなかったな〜。

でも、裏でちゃんと集客活動をしていたから、あんなにお客さんが来ていたんだー。

私は、完全に勘違いしていたんだな〜。」

■先輩サロンオーナー
「そうだよ。

集客さえちゃんと出来れば、ネイルサロンは上手くやっていけるんだからね。」

■私
「はい。分かりました。
集客に力を入れます!

でも、集客ってどうすればいいんですか?」

■先輩サロンオーナー
「そうね〜。

今って、運転資金がかなり減ってきているでしょう?

そんな状態の時に、ホットペッパービューティーには掲載させないほうが良いわね。

広告費だけで、すぐに運転資金がショートしてしまうからね。」

■私
「わかりました。

確かにホットペッパービューティーの広告費は、物凄く値段が高いと聞きますね。

しかし、それ程 集客効果は高くないみたいじゃないですかー??」

■先輩サロンオーナー
「よく知っているわね。

今、ホットペッパーに広告を出しているネイルサロンは沢山あるけど、どれも同じ様な広告文と写真でしょ。

割引クーポンを付けたり、競争も激しいからね〜。

割引なんかしたら、お店なんかすぐに潰れてしまうわよ。

だから、ホットペッパーには広告を出さない事!

低資金で、最も集客効果が高いもの。

それは、YAHOO広告ね。」

■私
YAHOO広告ですか?

それは、どんな広告なんでしょうか?」

■先輩サロンオーナー
「ざっくり言うと・・・

YAHOOの検索サイトに、広告を出すと言う事なの。

ほら!

例えばだけど

京都市に行って、美味しいご飯屋さんを探す時 どうする?」

■私
「え〜っと。

スマホで、検索します。」

■先輩サロンオーナー
「どんなキーワードを入力する?」

■私
「え〜っと・・・

例えば
【京都市 おすすめ ご飯屋さん】 って感じでしょうか。

■先輩サロンオーナー
「うん。そんな感じだよね。

そうやって、検索したら結果が表示されるわよね。

ほら。こんな感じで。




検索結果の上の部分は広告なんだよ。

そして

検索結果の上の部分は、クリックされやすいの。

というか、検索した人の100%近くがクリックしてくれるワケ。


これは、ネイルサロンの場合でも同じ事が言えるの。

【地域名 おすすめ ネイルサロン】

とYAHOOの検索窓に入力して、
ネイルサロンを探している人がいた場合

検索結果に、

その地域のネイルサロンで、

YAHOOに広告を出しているサロンへの誘導記事が表示される訳ね。

それを見た検索者は、検索結果の上にあるからとりあえず、クリックするわよね?

そうすると、お店のHPやブログに直接、見込み客が来てくれるという訳なの。

これって、お客さんにしてみれば凄く便利なサービスよね。

ネイルサロン側としても、

ネイルサロンを探している人だけに広告を表示させる事ができるから、物凄いマッチング力なの!

紙の広告を配ったり、チラシを手渡ししたりしても、ネイルに興味が無い人にしてみればそれは、ゴミにしかならないの。

でも、このYAHOO広告なら

ネイルサロン側と 
ネイルサロンを探している見込み客側 
が、ドンピシャリ!とマッチングするのよー。

無駄が一切ないよね。

それに、その広告は今日、今すぐ出す事も可能なの。

凄くスピーディーでしょ。

逆に

ホットペッパービューティーに広告を出そうと思ったら、

多額の前金を支払って、

1か月も前に打ち合わせや写真撮影などをしなきゃいけない訳。
それでもどれぐらいの人数のお客さんが来てくれるか分からないんだけどね。

YAHOO広告なら、100回クリックされれば最低でも1人の新規客はGETできるとされているのね。

広告料も安いんだよね〜。

YAHOO広告は、1回クリックされれば、●●円って感じなの。

大体、10円〜ぐらいかな。

これは、色々な条件によって変動するのね。

詳しい事は、アドバイザーに聞くと分かりやすく教えてくれるからね。

まあ、じゃあ例えばだけど

1クリック10円だと仮定しましょう。

100回クリックされれば¥1000の広告費が必要なの。

(広告費用はクレジット決済がメイン。予算も自分で決められます。)

これは安いか?高いか?

どう思う?

■私
「安いと思います。

だって、1000円の広告費で1人の新規客が来ればありがたいですよね。

ネイルサロンの場合、最低でも単価8000円ですから。」

■先輩サロンオーナー
「その通り。すぐに元が取れる訳。

さらに、その新規客がリピーターになってくれれば、利益はどんどん出るようになるのよ。

だから、最初は新規客を増やしていかなければいけないの。

集客の大切さが分かるでしょう?!

そして、来てくれたお客さんにまた来てもらえるように一生懸命、接客して、ネイル技術を提供するの!

そうすれば、いつの間にかお客さんで一杯のネイルサロンが出来上がるという訳。

ちなみに、1日1000円の広告費を遣うとした場合、1か月で30000円の広告費になるわよね。

そして、30人の新規客をGET出来るの。

1人8000円単価だとすれば、単純に24万円の売り上げになるのよ〜。

抜群の費用対効果なのよー。」

■私
「ほ〜。なるほど。

そんな事、全く知りませんでした。

そして、集客の大切さが分かりました。

ありがとうございました!

今日から、そして、今から

少ない費用で最大限の集客努力をします。

まずは、YAHOO広告に1日1000円の予算で広告を出してみます。」

■先輩サロンオーナー
「うん。

やってみて!

ネイルサロンは、お客さんが来ないとあっという間に閉店することになるからね〜。」


■ネイリスト資格を取得しよう〜!

【AYA】

ネイルが大好きです!

一生、携わっていきたいと思います。

ネイルサロン経営は大変ですが、毎日刺激的で楽しいです。

ネイルサロンプロ用設備

MENU

プロ用品ネイリスト

関連記事